自動車メーカー イメージ 調査

車買取ランキング@高額査定で高く売る

車買取一括査定を上手に利用して、愛車を最も高い査定額で売ろう

ホーム » 車ニュース » トヨタニュース » 日本の自動車メーカーのイメージ調査。トヨタや日産などのイメージは?

日本の自動車メーカーのイメージ調査。トヨタや日産などのイメージは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


日本には、いくつもの自動車メーカーがあります。

 

どの自動車メーカーにも特徴があり、人によってさまざまなイメージがあります。

 

そこで、カー雑誌『ベストカー』が、「国産9ブランド、イメージ調査」を行いました。

 

その結果を紹介しますね。

 

ユーザーは、自動車メーカーに対して、どのようなイメージを持っているのでしょうか?

 

 

車を高く売りたいなら、車買取店を競合させよう

JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店とだけ提携している、安心の車買取一括査定です。必要項目を入力した後、あなたの愛車の大まかな買取価格を教えてくれます。

かんたん車査定ガイド

日本国内の自動車メーカーのイメージ調査

カー雑誌『ベストカー』が行ったイメージ調査は、各ブランドを象徴する

 

・車名

・人

・企業理念

・技術

 

など、あらかじめ用意した7つの項目から、「最もイメージが結びつくもの」を選んでもらいました。

 

それでは、各自動車メーカーのイメージ調査の結果を紹介しますね。

 

 

《トヨタ》

トヨタといえば、「ハイブリッド」のイメージを持つ人が最も多くなりました

 

4位に「プリウス」が入ったことからも、トヨタ=ハイブリッドのイメージがあることが分かりますね。

 

3位には、「80点主義」がラインクインしました。

 

豊田章男社長は、最近よく「いいクルマを作ろう」といっていますが、それでも「80点主義」のイメージは強いようですね。

 

ちなみに、7位は「GAZOO 2%」となりました。

 

トヨタのイメージの移り変わり
’13年 ’14年 ’15年 ’16年
1位 ハイブリッド 80点主義 ハイブリッド ハイブリッド 38%
2位 豊田章男社長 ハイブリッド 80点主義 豊田章男社長 22%
3位 プリウス 豊田章男社長 豊田章男社長 80点主義 16%
4位 ReBORN(CM) 86 クラウン プリウス 15%
5位 86 クラウン プリウス カローラ 4%
6位 クラウン カローラ カローラ クラウン 3%

(引用元:ベストカー)

 

 

《レクサス》

レクサスの調査は、今年からなので、昨年までの結果はありませんが、1位には「敷居が高い」がラインクインしました。

 

やはり、レクサス=高級車というイメージを持っている人が多いんでしょうね。

 

 

7位は、「RX 2%」となりました。

 

RXは、レクサスのなかで販売は好調なのですが、LFAのイメージはいまだに強いという結果になりました。

 

レクサスのイメージの移り変わり
’16年
1位 敷居が高い 38%
2位 スピンドルグリル 22%
3位 プレミアムカー 16%
4位 LFA 15%
5位 RC F 4%
6位 LS 3%

(引用元:ベストカー)

 

 

《日産》

日産は、「日本市場を見ていない」が1位になりました。

 

日本のクルマ好きが求める車種が日産には少ないということが、「スカイライン 7%」からも分かりますね。

 

 

7位は「リーフ 2%」となりました。

 

近年、日産がCMで押している“自動運転、リーフ”の浸透は、まだまだ先になりそうですね。

 

日産のイメージの移り変わり
’13年 ’14年 ’15年 ’16年
1位 C・ゴーン GT-R GT-R 日本市場を見ていない 31%
2位 GT-R 日本市場を見ていない C・ゴーン C・ゴーン 28%
3位 スカイライン スカイライン 日本市場を見ていない GT-R 25%
4位 デザイン C・ゴーン スカイライン スカイライン 7%
5位 リーフ フェアレディZ 技術の日産 フェアレディZ 4%
6位 技術の日産 技術の日産 フェアレディZ 技術の日産 3%

(引用元:ベストカー)

 

 

《ホンダ》

2015年も2016年も、1位は創業者の「本田宗一郎」となりましたが、今年は、約半数を占める割合となりました。(2015年は30%でした)

 

販売が好調とはいえない状況なので、創業者の熱い思いが浮かんできている人が多いのかもしれませんね。

 

 

7位は「燃料電池車 3%」となりました。

 

燃料電池車のクラリティ・フューエル・セルの販売を開始しましたが、現状は法人リースだけなので、身近に感じる人は少ないんでしょうね。

 

ホンダのイメージの移り変わり
’13年 ’14年 ’15年 ’16年
1位 VTEC VTEC 本田宗一郎 本田宗一郎 44%
2位 フィット 本田宗一郎 VTEC VTEC 15%
3位 F1 タイプR NSX タイプR 12%
4位 軽自動車 F1復帰 F1復帰 F1参戦 11%
5位 ミニバン NSX スーパーカブ ミニバン 8%
6位 ASIMO ミニバン S660 NSX 7%

(引用元:ベストカー)

 

 

各自動車メーカーのイメージは、このようになりました。

 

次回は、この続きとして、残り5社を紹介しますね。

車を高く売りたいなら、車買取店を競合させよう

かんたん車査定ガイド

必要項目を入力後、1秒で愛車の買取実績の最高額が分かる

JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店とだけ提携している安心の車買取一括査定です。約1分の入力項目後、あなたの愛車の大まかな買取価格を教えてくれ、最大10社から査定を受けることができます。大手買取店~こだわりの専門店まで、幅広い車屋から査定を受けられるので高額査定が期待できます。

車査定比較.com

75万台以上のデータから算出した買取り相場を教えてくれる

全国200社以上の質の高い車買取業者と提携している、人気の車買取一括査定サイトです。数項目入力するだけで最大10車の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出した買取相場を教えてくれます。上場企業が運営している車買取一括査定サイトなので安心して利用できます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

1回の入力で最大30社の車買取店に査定してもらえる

査定してもらう業者を自分で決めることができるのが特徴の車買取一括査定サイトです。大手はもちろん、地方の中小買取店とも提携しているので、意外な高額査定が出ることも。


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

サイト内検索
アクセスランキング参加中

あなたの応援クリックが記事更新の励みです
↓↓↓

今日の注目記事
最近の投稿
カテゴリー