車 燃費基準 推移

車買取ランキング@高額査定で高く売る

車買取一括査定を上手に利用して、愛車を最も高い査定額で売ろう

ホーム » 車の豆知識 » 日本の車の燃費基準の推移。どうして生まれ、どのように変化した?

日本の車の燃費基準の推移。どうして生まれ、どのように変化した?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2016年4月20日に発覚した三菱自動車の燃費不正問題。

 

三菱・eKワゴン、eKスペース、日産・デイズ・デイズルークスの軽自動車4車種のカタログ燃費を、故意に良くしていました。

 

さらに、三菱自動車は、1991年以降に発売した多くの車種も、違法な方法で燃費測定していました。

 

 

このように、今、自動車の燃費が注目されていますが、燃費の基準はこれまでどのように変わってきたのでしょうか?

 

また、三菱自動車の燃費不正問題で話題の「惰行法」とは、何なのでしょうか?

 

燃費基準の移り変わりやJC08モード燃費、惰行法などについて、複数回に分けてお話ししますね。

 

 

車を高く売りたいなら、車買取店を競合させよう

JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店とだけ提携している、安心の車買取一括査定です。必要項目を入力した後、あなたの愛車の大まかな買取価格を教えてくれます。

かんたん車査定ガイド

三菱自動車が行った燃費不正の概要

三菱自動車の燃費不正により、燃費がクローズアップされています。

 

そこで、まず三菱自動車が行った燃費不正の概要について、簡単にお話ししますね。

 

 

三菱自動車が行った軽自動車4車種に対する不正行為は、以下のようなことが明らかになっています。

 

・道路運送車両法で認められていない「高速惰行法」という違法な測定方法で走行抵抗の測定(本来は惰行法で測定する)

・試験結果から故意に低い値だけを抽出し、燃費値が有利になるように走行抵抗値を捏造

 

これにより、実際のカタログ燃費(JC08モード燃費)よりも、約5~15%も燃費値が良くなっていたんです。

 

 

また、現在発売されている乗用車ではミラージュ以外のすべての車種で、1991年以降に発売された多くの車種でも、燃費に関して以下のような何らかの違法行為が行われていたんです。

 

・高速惰行法という違法な測定方法による走行抵抗の測定
・成績表に記載すべき日付や天候をねつ造
・走行試験により求めなるデータを、机上計算で算出
・異なる車両の測定結果を、故意に組み合わせてデータを算出

 

このように、三菱自動車は、多くの車種に対して、燃費不正を行っていたんです。

 

 

日本国内の燃費基準の移り変わり

まず、そもそもなぜ燃費基準が必要なのでしょうか?

 

実は、昔は燃費はそれほど重要ではなく、カタログに必ず乗っているものではありませんでした。

 

あっても「60km/h定地燃費」という燃費値だけでした。(60km/h定地燃費とは、60km/hで走り続けたときの燃費)

 

その代わりにカタログには、最高速度やゼロヨンの数字が記載されていました。

 

このように、昔は、メーカーもユーザーもそれほど燃費に対して、興味があるわけではなかったんです。

 

 

けれど、1973年と1979年のオイルショックでガソリン価格が高騰。

 

すると、燃費が注目されるようになり、「10モード燃費」と呼ばれる燃費基準が生まれたんです。

 

「10モード燃費」と呼ばれる燃費基準は、10パターンの走行を行って燃費を計測します。

 

ただし、高速道路が普及していなかったので、市街地走行を想定した試験内容となっていました。

 

 

そして高速道路が普及し、車も高性能となったことを踏まえて、1991年からは「10・15モード燃費」になりました。

 

10・15モード燃費は、従来の10モード燃費に15のパターンをプラスしたものです。

 

郊外での走行も想定した試験内容で、10モード燃費よりも高速走行側に振った試験内容となっています。

 

ただし、郊外の幹線道路を想定したもので、個々の使われ方によって大きな違いが出やすい試験内容でした。

 

 

そこで、さらに高速走行を重視している「JC08モード燃費」が登場したんです。

 

2011年4月1日に形式認定を受ける車は、JC08モード燃費の表示が義務付けられています。

 

ちなみに、JC08モード燃費は、「ジャパン・シャーシ2008」の頭文字なんですよ。

 

 

燃費の基準は、このような流れで変わってきているんです。

 

次回は、最新基準の「JC08モード燃費」などについてお話ししますね。

車を高く売りたいなら、車買取店を競合させよう

かんたん車査定ガイド

必要項目を入力後、1秒で愛車の買取実績の最高額が分かる

JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店とだけ提携している安心の車買取一括査定です。約1分の入力項目後、あなたの愛車の大まかな買取価格を教えてくれ、最大10社から査定を受けることができます。大手買取店~こだわりの専門店まで、幅広い車屋から査定を受けられるので高額査定が期待できます。

車査定比較.com

75万台以上のデータから算出した買取り相場を教えてくれる

全国200社以上の質の高い車買取業者と提携している、人気の車買取一括査定サイトです。数項目入力するだけで最大10車の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出した買取相場を教えてくれます。上場企業が運営している車買取一括査定サイトなので安心して利用できます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

1回の入力で最大30社の車買取店に査定してもらえる

査定してもらう業者を自分で決めることができるのが特徴の車買取一括査定サイトです。大手はもちろん、地方の中小買取店とも提携しているので、意外な高額査定が出ることも。


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

サイト内検索
アクセスランキング参加中

あなたの応援クリックが記事更新の励みです
↓↓↓

今日の注目記事
最近の投稿
カテゴリー