新型 プリウス ホイールベース

車買取ランキング@高額査定で高く売る

車買取一括査定を上手に利用して、愛車を最も高い査定額で売ろう

ホーム » 車ニュース » トヨタニュース » 新型プリウスの疑問|なぜホイールベースが先代と同じなの?なぜ全高を低くしたの?

新型プリウスの疑問|なぜホイールベースが先代と同じなの?なぜ全高を低くしたの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2015年12月に4代目に生まれ変わる新型プリウス。

 

JC08モード燃費で40km/Lを達成したEグレード、その他の2WD車で37km/L、4WD車で35km/Lを達成するなど、今まで以上に優れた燃費性能となっています。

 

さらに、新型プリウスは、ただ燃費が良いだけでなく、かっこよく走っていても楽しい車になっています。

 

そんな4代目・新型プリウスにまつわる10の疑問について、カー雑誌が調べていましたので紹介しますね。

 

 

車を高く売りたいなら、車買取店を競合させよう

JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店とだけ提携している、安心の車買取一括査定です。必要項目を入力した後、あなたの愛車の大まかな買取価格を教えてくれます。

かんたん車査定ガイド

新型プリウスのグレード構成

新型プリウスのグレード構成と価格は、以下の表のようになっています。

 

駆動方式 グレード エンジン/

トランスミッション

価格
FF 1800ccDOHC+モーター/

電気式無段階変速

2,429,018円
2,479,091円
Sツーリングセレクション 2,628,327円
2,777,563円
Aツーリングセレクション 2,926,800円
Aプレミアム 3,107,455円
Aプレミアムツーリングセレクション 3,199,745円
4WD 2,673,491円
Sツーリングセレクション 2,822,727円
2,971,963円
Aツーリングセレクション 3,121,200円
Aプレミアム 3,301,855円
Aプレミアムツーリングセレクション 3,394,145円

(引用元:ザ・マイカー)

 

表にある通り、S、A、Aプレミアムの3グレードが基本になっています。

 

ツーリングセレクションは、アルミホイールが17インチになり、ショックアブソーバーも変更され、シートが合皮、シートヒーターが付くなど、スポーティな仕上がりになります。

 

 

Eは、燃費志向のグレードで、燃費は40km/L(JC08モード燃費)となりますが、燃料タンクが5L減り、ウォッシャータンク容量も4.8Lから2Lになるなど、かなり特殊なグレードです。

 

Sは、価格と装備のバランスが取れた量産グレードです。ただし、2WDではS/ツーリングセレクションだけがニッケル水素バッテリーとなります。

 

Aは、上級グレードで、トヨタセーフティセンスPやヘッドアップディスプレイ、スーパーUVカット、オートワイパー、LEDフォグランプなどが加わります。安全装備や機能装備が充実しているグレードです。

 

Aプレミアムは、本革パワーシート、シートヒーター、本革ステアリングホイール、アクセサリーコンセントなどが加わります。

 

新型プリウスのグレード構成は、このようになっています。

 

 

なぜ全長が延び、全高・最低地上高が下がったのか?|新型プリウスの疑問1

新型プリウスは、先代の3代目と比較して、

 

・全長が60mm長くなる

・全幅が15mm広くなる

・全高が20mm低くなる(ボディの上下を10mm、最低地上高を10mm下げた)

 

となっています。

 

さらに、ボンネットの高さも70mm低くなっているんです。

 

 

この理由は、走行中の空気抵抗の削減と、走行安定性を高めるためなんです。

 

新型プリウスの空気抵抗係数(Cd値)は0.24と、先代の0.25を上回り、世界トップクラスの数値になっています。

 

 

プラットフォームが新しくなったのに、ホイールベースは先代と同じなのはなぜ?|新型プリウスの疑問2

新型プリウスは、プラットフォームが大幅に変更されています。

 

それなのに、前輪と後輪の間隔(ホイールベース)は先代型と同じ2700mmのままです。

 

新型は、全長は60mm(ボディ前側を25m、後ろ側を35mm拡大)も延びているので、ホイールベースを長くしても良さそうなのに、先代型と同じままです。

 

この理由とは…。

 

開発者に尋ねると、「プリウスは海外ではVW・ゴルフなどと同じCセグメントに属する。このサイズを踏襲して小回り性能なども考慮すると、ホイールベースは2700mmが妥当と判断した。この数値は機能的なバランスが優れている」という。

(引用元:ザ・マイカー)

 

このように、機能的なバランスから、全長が伸びても、ホイールベースは先代型と同じにしたというわけなんです。

 

 

新型プリウスには、このほかにも疑問があります。

 

次回も新型プリウスの疑問についてお話ししますね。

なぜフロントマスクが大きな口のトヨタ顔じゃない?新型プリウスの疑問

車を高く売りたいなら、車買取店を競合させよう

かんたん車査定ガイド

必要項目を入力後、1秒で愛車の買取実績の最高額が分かる

JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店とだけ提携している安心の車買取一括査定です。約1分の入力項目後、あなたの愛車の大まかな買取価格を教えてくれ、最大10社から査定を受けることができます。大手買取店~こだわりの専門店まで、幅広い車屋から査定を受けられるので高額査定が期待できます。

車査定比較.com

75万台以上のデータから算出した買取り相場を教えてくれる

全国200社以上の質の高い車買取業者と提携している、人気の車買取一括査定サイトです。数項目入力するだけで最大10車の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出した買取相場を教えてくれます。上場企業が運営している車買取一括査定サイトなので安心して利用できます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

1回の入力で最大30社の車買取店に査定してもらえる

査定してもらう業者を自分で決めることができるのが特徴の車買取一括査定サイトです。大手はもちろん、地方の中小買取店とも提携しているので、意外な高額査定が出ることも。


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

サイト内検索
アクセスランキング参加中

あなたの応援クリックが記事更新の励みです
↓↓↓

今日の注目記事
最近の投稿
カテゴリー