新型プリウス 実燃費 アクア

車買取ランキング@高額査定で高く売る

車買取一括査定を上手に利用して、愛車を最も高い査定額で売ろう

ホーム » 車ニュース » トヨタニュース » 新型プリウスの一般道と勾配路での実燃費は?アクアと比較テスト2

新型プリウスの一般道と勾配路での実燃費は?アクアと比較テスト2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2015年12月9日に新型プリウスが発売されました。

 

新型プリウスの燃費は、JC08モード燃費で40.8km/L(Eグレード)と世界トップです。

 

そこで、前回、トヨタ・アクア(JC08モード燃費で37.0km/L)との高速道路での実燃費の比較結果を紹介しました。

 

※高速道路での実燃費の比較。新型プリウスとアクアの主要諸元も示してあります

新型プリウスの高速道路での実燃費は?アクアと比較テスト

 

今回は、その続きとして、上り下りの道と、一般道での実燃費比較について紹介しますね。

 

 

ちなみに、テスト条件は、以下のようになっています。

 

1.特別な省燃費テクニックは使用しない。

2.エアコンはAUTO設定で、温度は24℃とする。

3.一般道路は周囲の流れに合わせて走行。高速道路は上限90km/hとする。

(引用元:ベストカー)

 

 

車を高く売りたいなら、車買取店を競合させよう

JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店とだけ提携している、安心の車買取一括査定です。必要項目を入力した後、あなたの愛車の大まかな買取価格を教えてくれます。

かんたん車査定ガイド

勾配路での実燃費は、新型プリウスのほうが上だった

カー雑誌『ベストカー』が実燃費テストを行った勾配路のコースは、高低差が約100mもある、1週約8kmの急勾配の所を3周しました。

 

適度に曲がりくねったところも多く、信号も多いので坂道発進による燃費への影響もチェックできるコースです。

 

 

新型プリウスは、平坦路と同じく勾配路でも、停止状態からEV状態で発進し、エンジンが始動するまでの時間が長かったです。

 

EV状態をキープして走行する時間は、HV車の中でもダントツに長いんです。

 

また、ブレーキの時などに発生する回生エネルギーで蓄電する能力も、高くなっています。

 

下り坂があれば、数秒でバッテリー残量が、1目盛り分回復することも多々あるんです。

 

そのため、上りと下りが連続するところなら、EV状態をキープすることができるので、燃費の低下は少ないんです。

 

平坦路でも勾配路でも、バッテリーの回復ペースの速さとEV状態をキープしようとする粘り強さにHVシステムの進化の度合いを実感する。

(引用元:ベストカー)

 

 

新型プリウスは、歴代のプリウスよりHVシステムが進化していてEV走行する時間が長いので、低燃費で走ることができるんです。

 

そのため、勾配路ステージでのテストでも、アクアよりも3.5km/Lも良い燃費性能で走ることができました。

 

勾配路ステージ 燃費テスト結果
多摩丘陵ループ(高低差100m)
車種 新型プリウス アクア
平均燃費 27.6km/L 24.1km/L
走行距離 24.5km 24.6km

(引用元:ベストカー)

 

 

一般道での実燃費は、新型プリウスの圧勝

カー雑誌『ベストカー』が行った一般道でのテストは、最初は適度な速度で走っていましたが、残り10km付近から渋滞が発生し、残り約3kmでは渋滞が悪化しました。

 

適度な速度で走っているときは、適度なストップ&ゴーが続いたので、バッテリー残量が常にEV走行可能なラインを維持することができました。

 

そのため、新型プリウスは、37.0km/L前後の燃費を維持することができました。

 

 

けれど、渋滞にはまってしまってからは、エンジンの始動する回数が増え、燃費がみるみる悪化。

 

最終的に、新型プリウスは、30.4km/Lで終了となりました。

 

ですが、アクアは、23.6km/Lだったので、新型プリウスの方が圧倒的に燃費性能が良い結果になりました。

 

一般道ステージ 燃費テスト結果
多摩丘陵 → ネッツ東京新宿店
車種 新型プリウス アクア
平均燃費 30.4km/L 23.6km/L
走行距離 29.0km 29.3km

(引用元:ベストカー)

 

 

新型プリウスの燃費はやっぱり優秀

高速道路、勾配路、一般道のすべてを走行した実燃費は、以下のようになりました。

 

全行程トータル 結果
車種 新型プリウス アクア
平均燃費 27.5km/L 24.7km/L
走行距離 82.4km 82.8km

(引用元:ベストカー)

 

この結果をみると、新型プリウスのHVシステムが、いかに凄いか実感できますね。

 

新型プリウスの実燃費は期待以上に優秀であった。

 

走行中は「なるべく普通に運転する」ことを心がけたので、新型プリウスは、従来型と違ってエコ運転があまり得意ではない人でも低燃費が出しやすくなったといえる。

(引用元:ベストカー)

 

意識してエコ運転をしなくても低燃費で走れるというのは、すごく嬉しいことですね。

 

これだけ低燃費で走ることができれば、新型プリウスは、ますます人気になりそうですね。

車を高く売りたいなら、車買取店を競合させよう

かんたん車査定ガイド

必要項目を入力後、1秒で愛車の買取実績の最高額が分かる

JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店とだけ提携している安心の車買取一括査定です。約1分の入力項目後、あなたの愛車の大まかな買取価格を教えてくれ、最大10社から査定を受けることができます。大手買取店~こだわりの専門店まで、幅広い車屋から査定を受けられるので高額査定が期待できます。

車査定比較.com

75万台以上のデータから算出した買取り相場を教えてくれる

全国200社以上の質の高い車買取業者と提携している、人気の車買取一括査定サイトです。数項目入力するだけで最大10車の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出した買取相場を教えてくれます。上場企業が運営している車買取一括査定サイトなので安心して利用できます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

1回の入力で最大30社の車買取店に査定してもらえる

査定してもらう業者を自分で決めることができるのが特徴の車買取一括査定サイトです。大手はもちろん、地方の中小買取店とも提携しているので、意外な高額査定が出ることも。


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

サイト内検索
アクセスランキング参加中

あなたの応援クリックが記事更新の励みです
↓↓↓

今日の注目記事
最近の投稿
カテゴリー