スポーツクーペ 注意点 燃費

車買取ランキング@高額査定で高く売る

車買取一括査定を上手に利用して、愛車を最も高い査定額で売ろう

ホーム » 車の豆知識 » クラス別注意点 » スポーツクーペの注意点。全幅がワイドで燃費が悪く、実用性が低い

スポーツクーペの注意点。全幅がワイドで燃費が悪く、実用性が低い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


車には、ハイブリッドカーやSUV、軽自動車、ミニバン、セダンなど、さまざまなクラスがあります。

 

どのクラスも魅力的な特徴がありますが、一方で、注意したいところもあります。

 

そこで、各クラスの注意点についてお話ししますね。

 

今回は、『スポーツクーペクラスの注意点』についてです。

 

 

車を高く売りたいなら、車買取店を競合させよう

JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店とだけ提携している、安心の車買取一括査定です。必要項目を入力した後、あなたの愛車の大まかな買取価格を教えてくれます。

かんたん車査定ガイド

スポーツクーペクラスの5つの注意点

スポーツクーペクラスは、趣味性が高く、かっこよくて運転の楽しさを味わえるのが特徴です。

 

後席のドアがついてない車種が多く、中には、後席がない車種もあります。

 

後席や荷室が狭く、燃費性能もあまり良くありません。

 

一方で、後席のドアがないのでボディ剛性を高めやすく、全高が1400mm以下に収まるので重心が低くて走行安定性も高いです。

 

エンジンの動力性能も高く、高回転域での吹きあがりが良いので、運転していて楽しいです。

 

そんなスポーツクーペクラスの注意点は、以下の5つです。

 

スポーツクーペは、車種が少ない

近年、スポーツクーペは、車種数が大幅に減りました

 

特に、1500cc以下クラスのコンパクトなクーペは、ロードスターくらいしかありません。

 

スポーツクーペは趣味性が重要で、ユーザーのニーズもさまざまありますが、日本車の品ぞろえでは対応できません。

 

そのため、輸入車を検討する人もいますが、価格が全体的に高いです。

 

全体的に、選びにくいです。

 

近年のスポーツクーペは全幅がワイド

近年のスポーツクーペは、軽自動車をのぞくと3ナンバーサイズばかりで全幅がワイドです。

 

ボディスタイルも重要視されるため、視界も全体的に悪いです。

 

車に滑り込んだような運転姿勢になり、インパネやサイドウインドウの下端も高いです。

 

試乗のときに、車庫入れや縦列駐車などを確認しておいてください。

 

燃費性能に対する配慮が低い

クーペは、運転の楽しさや運動性能が重要視されますが、それでも燃費性能に対する配慮が低すぎます。

 

アイドリングストップ機能を搭載している車種はなく、燃費性能そのものも低いです。

 

エコカー減税対象車も少ないです。

 

スポーツクーペは実用性が低すぎる

クーペなら当たり前のことですが、実用性は低いです。

 

2シーターの車種だと、手荷物を置くところすら困ります。

 

後席がある車種もありますが、後席に人を乗せると窮屈です。

 

設計が古い車種が増えた

クーペといえば、以前は最先端技術を盛り込んだ車でした。

 

けれど、近年は、設計の古い車種が増えました

 

自動ブレーキによる衝突回避の支援機構をもたない車種も多いです。

 

 

スポーツクーペワゴンクラスには、このような注意点があります。

 

購入するときは、これら注意点をクリアできるか、しっかり確認してくださいね。

車を高く売りたいなら、車買取店を競合させよう

かんたん車査定ガイド

必要項目を入力後、1秒で愛車の買取実績の最高額が分かる

JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店とだけ提携している安心の車買取一括査定です。約1分の入力項目後、あなたの愛車の大まかな買取価格を教えてくれ、最大10社から査定を受けることができます。大手買取店~こだわりの専門店まで、幅広い車屋から査定を受けられるので高額査定が期待できます。

車査定比較.com

75万台以上のデータから算出した買取り相場を教えてくれる

全国200社以上の質の高い車買取業者と提携している、人気の車買取一括査定サイトです。数項目入力するだけで最大10車の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出した買取相場を教えてくれます。上場企業が運営している車買取一括査定サイトなので安心して利用できます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

1回の入力で最大30社の車買取店に査定してもらえる

査定してもらう業者を自分で決めることができるのが特徴の車買取一括査定サイトです。大手はもちろん、地方の中小買取店とも提携しているので、意外な高額査定が出ることも。


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

サイト内検索
アクセスランキング参加中

あなたの応援クリックが記事更新の励みです
↓↓↓

今日の注目記事
最近の投稿
カテゴリー