未使用車 メリット デメリット

車買取ランキング@高額査定で高く売る

車買取一括査定を上手に利用して、愛車を最も高い査定額で売ろう

ホーム » 車をお得に購入するポイント » 未使用車(新古車)のメリット・デメリット。結局、お得なの?

未使用車(新古車)のメリット・デメリット。結局、お得なの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


車を購入するときは、「新車」「中古車」「未使用中古車(未使用車)」から選ぶことになります。

 

ただ、ユーザーの中には、「未使用中古車(未使用車)を購入しても大丈夫なの?」と思っている人も多いと思います。

 

なので、前回は、未使用中古車とはどのような車なのかお話ししました。

未使用車(未使用中古車、新古車)とは?販売実績を稼ぐため?

 

今回は続きとして、『未使用中古車のメリット・デメリット』、『未使用中古車ってお得なの?』についてお話ししますね。

 

 

車を高く売りたいなら、車買取店を競合させよう

JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店とだけ提携している、安心の車買取一括査定です。必要項目を入力した後、あなたの愛車の大まかな買取価格を教えてくれます。

かんたん車査定ガイド

未使用中古車のメリット・デメリット

未使用中古車のメリットは、中古車のように購入時に車を入念にチェックする必要がない点です。

 

未使用中古車は、「誰も使っていない新車にナンバープレートが付いた状態(登録済み)で売っている車」のこと。なので、ほぼ新車のため、中古車に比べて個体差がありません。

 

そのため、購入時に中古車を買う時のように入念なチェックが必要なく、新車を購入するようなスタイルで検討することができます。

 

 

未使用中古車を専門店で購入する場合は、多くのメーカーをまとめて比較検討することができるのもメリットです。

 

近年は、全国各地に未使用中古車専業店が存在し、軽自動車ならスズキワゴンRやダイハツムーヴ、日産デイズなど、各自動車メーカーの車がお店に集まっています。

 

そのため、比較検討がとても行いやすいです。

 

専業店の場合、メーカー保証やメンテナンスに不安があるという声もありますが、これも心配ないんです。

 

専業店の購入ではメーカー保証などに不安の声もあるが、これは代行費用が取られるものの、専業店がメーカー系販売店に当該車両を持ち込み、保証継続可能なモデルかどうかのチェックと手続きを行ってくれるので問題ない。

 

メンテナンスは購入した専業店で受けるケースも多いが、もともと専業店自体の経営母体が整備工場やガソリンスタンドを展開していることも多く「メンテナンスプラン」や「短時間車検」など、メーカー系販売店ばりにサービスメニューが充実しているから、問題がないといえよう。

(引用元:ザ・マイカー)

 

 

一方、未使用中古車のデメリットとしは、普段聞き慣れない諸費用が見積りに入っていることがあることです。

 

専業店などで未使用中古車を購入しようとすると“週末納車費用”など、「???」となるような諸費用が存在することがあります。

 

最近は特異な諸費用を徴収するお店は減ってきていますが、もし見積もりを取ったときに見慣れない諸費用があったら、その諸費用がなんなのかしっかり確認してください。

 

 

また、デメリットというほどでもないのですが、未使用中古車は、新車に比べて納車が早いということをメリットに宣伝していることがあります。

 

けれど、軽自動車なら在庫があれば2週間程度で納車が可能です。

 

なので、未使用中古車も新車も納期にそれほど差はないんです。(ただし、トヨタ系の新車販売店は在庫車を持たないので、納車までの期間が長いことが多いです)

 

 

未使用中古車ってお得なの?

未使用中古車は、ほぼ新車なのですが、扱いは中古車なので新車よりも価格は少し安くなっています。

 

ですが、実際のところ、未使用中古車はお得なのでしょうか?

 

 

未使用中古車が出始めた頃は、一度販売店が自社の車として登録するため重量税がかからなかったり、取得税が軽くなったりするなど、諸費用が安くなるというメリットがありました。

 

けれど、エコカー減税が始まると、減税対象車の新車は税金が安くなる(もしくは免税)されるため、未使用中古車の「諸費用が安くなる」というメリットは無くなってしまったんです。

 

そのため、現在、未使用中古車専業店は、価格設定を以前よりもさらに下げて薄利多売に走り、メンテナンスや物販で売り上げを確保する流れになっています。

 

 

また、場合によっては、以下のように新車の方が総支払額で安くなることもあるんです。

 

スズキ・ワゴンRにおける新車&未使用中古車コミコミ比較表

新車 未使用中古車
メーカー希望小売価格 1,426,680円 1,320,000円
用品価格 25,320円 155,758円
販売諸費用(法定費用込み) 120,902円 112,169円
支払合計 1,572,902円 1,587,927円

サンプルのFZはHIDヘッドランプ装着車。装着用品はサイドバイザー、フロアマット、カーナビ、ボディコートなど

(引用元:ザ・マイカー)

 

 

結果しては新車の方が支払い総額は安くなった。これは、新車が付属品合計額から計約13万円が値引きされている地域限定の“特価車”だったから。未使用中古車は昨年9月届け出されたもので、車両価格が減価償却分として10万円程安かった。が、新車では大幅値引きになった付属品が計上されたので、未使用中古車の方が高くなったのだ。仮に新車の付属品値引き分を計上して、一般的な本体値引きがあった場合は、未使用中古車より約7万円高くなると試算できる。

 

つまり、新車に比べ金額的には未使用中古車は数万円ほど買い得になる程度。今回のように“新車特価車”が存在すれば割安感がすぐに逆転してしまうようだ。

(引用元:ザ・マイカー)

 

 

では、お得に未使用中古車を購入するにはどうすればよいかというと、複数の未使用中古車専業店で希望車種の価格をチェックすること。

 

そして、新車ディーラーでも見積りを取って、比較することです。

 

何度も損得勘定を確認して、お得な方法で購入を決定してくださいね。

車を高く売りたいなら、車買取店を競合させよう

かんたん車査定ガイド

必要項目を入力後、1秒で愛車の買取実績の最高額が分かる

JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店とだけ提携している安心の車買取一括査定です。約1分の入力項目後、あなたの愛車の大まかな買取価格を教えてくれ、最大10社から査定を受けることができます。大手買取店~こだわりの専門店まで、幅広い車屋から査定を受けられるので高額査定が期待できます。

車査定比較.com

75万台以上のデータから算出した買取り相場を教えてくれる

全国200社以上の質の高い車買取業者と提携している、人気の車買取一括査定サイトです。数項目入力するだけで最大10車の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出した買取相場を教えてくれます。上場企業が運営している車買取一括査定サイトなので安心して利用できます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

1回の入力で最大30社の車買取店に査定してもらえる

査定してもらう業者を自分で決めることができるのが特徴の車買取一括査定サイトです。大手はもちろん、地方の中小買取店とも提携しているので、意外な高額査定が出ることも。


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

サイト内検索
アクセスランキング参加中

あなたの応援クリックが記事更新の励みです
↓↓↓

今日の注目記事
最近の投稿
カテゴリー