トヨタ発!車にアルミテープを張るだけで落ち着きが出る!?効果は?

走行中の空気抵抗は、クルマの燃費や走行フィーリングなどに大きく関係しています。

 

そのようななか、トヨタ自動車が、アルミテープを貼るだけで空気の流れをコントロールして、クルマを激変させる技術を発見したんです。

 

といっても、ほとんどの人は、「ほんとかよ~」って疑いますよね。

 

そこで、カー雑誌『ベストカー』が、実際にトヨタが行った発表会で、このアルミテープの効果を体験してきましたので、その結果を紹介しますね。

 

実は、このアルミテープを貼る技術は、すでに販売されている車に採用されているんですよ。

 

 

「愛車を高く売りたい」 を実現する方法
  • 大切に乗ってきた車だから、1円でも高く買取りしてほしい
  • 下取り査定額をアップさせたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

このサービスを使えば、50万円以上も高く売ることができる可能性があります。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

アルミテープを貼るだけで、空気の流れをコントロールできる理屈とは?

富士スピードウェイで行われた86後期モデルのメディア発表会で、トヨタ自動車のチーフエンジニアの多田さんが、

 

「空気の流れをコントロールするため複数箇所にアルミテープを貼っています」

(引用元:ベストカー)

 

と言い出しました。

 

バンパーの内側やフロントガラスの左右下部、ステアリングコラムカバーに、アルミテープを貼るだけで空気抵抗が変わり、クルマの運転感覚が良くなるそうなです。

 

 

ですが、どのような理由でアルミテープを貼るだけで、空気の流れが変わるのでしょうか?

 

トヨタいわく、静電気が影響しているんです。

 

効果のロジックの解説から。御存知のとおり樹脂の定規や下敷きでアタマを擦ると毛が立つ。冬場にクルマを触った時にバチッとくるのも「静電気」などと呼ばれる帯電によるもの。帯電は、空気の流れに影響を与えるそうな。

 

クルマが走りはじめると、ボディ各部にプラスの電荷を溜めはじめるらしい。トヨタの計測によると、走行10分後に少ない場所で450V。なかには4500Vも帯電する場所まであるという。一方、空気中もプラスのイオンが多い。プラス電荷のボディに沿ってプラス電荷の空気が流れると当然ながら反発し、ボディから剥がれようとする。この時に空気の乱れなど出てしまう。

 

この電荷を空気中に放電させるのがアルミテープだ。

(引用元:ベストカー)

 

このように、クルマのボディに溜まったプラス電荷を、アルミテープを使って放電させることで空気の流れを良くする→走行感覚が良くなるというわけなんです。

 

 

トヨタの資料だと、(1か所だけですが、)アルミテープを貼ったことで、以下のように500Vから150Vに下がっていたんです。

 

ボディ各部の帯電例(V)
走行前 10km走行後 アルミテープ装着
部位A 100 450
部位B 1100
部位C 200 2000
部位D 20 500 150
部位E 200 4500

当日は、後期86で純正採用されている部分のアルミテープありなしを比較した。ちなみに4500Vは落雷が発生した時と同等の高電圧だ。今回は部位Dしかアルミテープ装着後の数値が明かされなかった

(引用元:CARトップ)

 

 

アルミテープを貼ると、ステアリングや走行感覚に落ち着きが出てきた

では、実際にアルミテープを貼った効果はどうなのでしょうか?

 

カー雑誌『ベストカー』の担当者が参加した発表会では、まず、ホイールハウス内側の帯電防止から始まりました。

 

方法は簡単で、ステアリングコラムのカバーに、アルミテープを貼ったり剥がしたりするだけです。

 

ホイールハウス内に溜まった電荷は、ステアリングコラムまで伝わってきているため、カバーにアルミテープを貼ることで空気中に放電できるということのようです。

 

 

ステアリングコラムカバーにアルミテープを貼ってみた結果はというと、ステアリングに落ち着きが出たんです。

 

走行中、アルミテープを貼ると「あらら?」。気のせいかステアリングの落ち着きが出る。気のせいかと思い、剥がしてもらう。2~3分して電荷溜まった頃に貼ってもらう。するとステアリングの落ち着きが出てくる。信じられないけど「変わった感じ」なのだ。

(引用元:ベストカー)

 

 

次に、バンパーや窓ガラスに貼ると、テストは前期型86だったのですが、後期型86に近い落ち着きになったんです。

 

しかも、アルミテープを貼る技術を考案した人によれば、走り始めから効き、普通に売っているアルミテープでも効果があるそうです。

 

 

すでに、トヨタは、後期型86だけでなく、新型ノア/ヴォクシー、プロボックスにもアルミテープを純正採用しています。

 

1枚530円でアルミテープだけの販売も行っています。

 

「ほんとかよ~」と思ってしまう技術ですが、興味のある人は市販のアルミテープを買って、試してみてください。

 

ちなみに、アルミテープの効果は、高速域より50~100km/hの常用域で効果を体験できます。

タグ:  

カテゴリ:トヨタニュース 

車を高く売りたいなら、車買取店を競合させよう

かんたん車査定ガイド

必要項目を入力後、1秒で愛車の買取実績の最高額が分かる

JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店とだけ提携している安心の車買取一括査定です。約1分の入力項目後、あなたの愛車の大まかな買取価格を教えてくれ、最大10社から査定を受けることができます。大手買取店~こだわりの専門店まで、幅広い車屋から査定を受けられるので高額査定が期待できます。

車査定比較.com

75万台以上のデータから算出した買取り相場を教えてくれる

全国200社以上の質の高い車買取業者と提携している、人気の車買取一括査定サイトです。数項目入力するだけで最大10車の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出した買取相場を教えてくれます。上場企業が運営している車買取一括査定サイトなので安心して利用できます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

1回の入力で最大30社の車買取店に査定してもらえる

査定してもらう業者を自分で決めることができるのが特徴の車買取一括査定サイトです。大手はもちろん、地方の中小買取店とも提携しているので、意外な高額査定が出ることも。


↑↑↑

【無料でできます!】

↑↑↑

【無料でできます!】

サイト内検索
今月の注目記事
最近の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ