↑↑↑

【無料でできます!】

アルコールは何時間で体から抜ける?車のマフラーに水が入るとエンジンは壊れる?

車を運転していると、いろいろな疑問が出てきます。

 

そんな様々な疑問に対して、カー雑誌『ベストカー』が、実際に実験をして検証していましたので、その結果を紹介しますね。

 

今回は、

 

・アルコールは何時間で体から抜ける?

・マフラーの内部に水が入った状態でエンジンをかけるとどうなる?

 

についてです。

 

 

ちなみに、以前紹介した『バッテリーは何時間で上がる?』などの実験結果については、こちらを参考にしてください。

 

※車用の空気清浄機は、思った以上に効果があります

車用の空気清浄機の効果は?テンパータイヤをFR車に履かせるとどうなる?

 

溝なしスタッドレスタイヤにグリップ力はある?空気圧の差で停止距離は変わる?

 

乗車人数の違いで、車の制動距離は変わる?軽油は冷えると凍る?

 

電気式サイドブレーキは走行中に使える?バッテリーは何時間で上がる?

 

 

「愛車を高く売りたい」 を実現する方法
  • 大切に乗ってきた車だから、1円でも高く買取りしてほしい
  • 下取り査定額をアップさせたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

毎月100人以上が利用する方法で、あなたのこの悩みを解決できます。

⇒詳細はこちらをクリック

↑↑↑  

無料でできます

アルコールは何時間で体から抜ける?

ドライバーとして絶対に行ってはいけないことといえば、飲酒運転ですよね。

 

飲酒運転をして警察に捕まった場合、

 

・酒酔い運転と判断された:点数35点、免許取り消し(欠格期間3年)

・酒気帯び運転(呼気1Lあたり0.25mg以上):点数25点、免許取り消し(欠格期間2年)

・酒気帯び運転(呼気1Lあたり0.15mg以上0.25mg未満):免許停止90日

 

という厳罰となります。

 

※欠格期間とは、運転免許の再取得ができない期間のことです

 

 

では、缶ビール(500ml)を2本飲んだら、アルコールが検出されなくなるまで何時間かかるのでしょうか?

 

缶ビール(350ml)1本で顔が真っ赤になる人で実験してみたところ、飲酒後3時間でアルコールは検出されなくなったんです。

 

2時間かけて飲んだ結果、呼気中アルコール濃度は0.16mgをマーク。グロッキーな林だが、1時間経過した時点で測定すると、数値は0.09mgまで低下。さらに2時間ボーッとして過ごしてから測定すると、呼気中のアルコール濃度は0.00mgになっていた。

 

呼気中のアルコールの変化
飲酒前 0.00mg
飲酒後 0.16mg
1時間経過 0.09mg
3時間経過 0.00mg

(引用元:ベストカー)

 

このように、ビール2本を飲んだ後、3時間でアルコールは検出されなくなったんです。

 

ただし、アルコールが検出されなくなるまではかなり個人差があり、飲んだ量によっては12時間以上も体から消えないこともあります

 

少しでもお酒を飲んだら、絶対に車を運転しないを徹底してくださいね。

 

 

マフラーの内部に水が入った状態でエンジンをかけるとどうなる?

めったにあることではありませんが、マフラーの内部に水が入ってしまった場合、エンジンをかけたらどうなるのでしょうか?

 

エンジンが壊れたり、調子が悪くなったりしないのでしょうか?

 

なんと、マフラー内部に水が入っても、問題なくエンジンはかかるんです。

 

水を入れていくと、マフラー内部に入り切らなくなった水が溢れてくる。この状態からテストを行った。

 

恐る恐るエンジンをかけてみると、マフラーから勢いよく水が噴射され、問題なくエンジンは始動。そこからアクセル開度を上げていくと、その勢いは増し、あっという間に水は抜けてしまった。

 

排気ガスが抜ける流路が多く確保されていれば、圧力のほうが勝って問題なくエンジンはかかるということだ。多少水が残っていても、排気ガスの温度が高いので、蒸発してなくなるので心配は無用なのだ。

(引用元:ベストカー)

 

このように、純正マフラーは、多少水が溜まることを想定して設計されていて、水が抜けるようになっているので大丈夫なんですよ。

 

 

ただし、水没などをしてエンジンのインテーク側(空気を吸う側)から大量の水が入った場合は、要注意です。

 

エンジンをかけてしまうと、ウォーターハンマー現象でエンジンが壊れてしまいます。

 

エンジン内に水が入ったら、エンジンはかけずに、修理工場などに依頼してくださいね。

 

 

今回の実験では、このような結果になりました。

 

実際に実験してみるといろいろ分かって面白いですね。

タグ:   

カテゴリ:車の豆知識 

車を高く売りたいなら、車買取店を競合させよう

かんたん車査定ガイド

必要項目を入力後、1秒で愛車の買取実績の最高額が分かる

JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店とだけ提携している安心の車買取一括査定です。約1分の入力項目後、あなたの愛車の大まかな買取価格を教えてくれ、最大10社から査定を受けることができます。大手買取店~こだわりの専門店まで、幅広い車屋から査定を受けられるので高額査定が期待できます。

車査定比較.com

75万台以上のデータから算出した買取り相場を教えてくれる

全国200社以上の質の高い車買取業者と提携している、人気の車買取一括査定サイトです。数項目入力するだけで最大10車の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出した買取相場を教えてくれます。上場企業が運営している車買取一括査定サイトなので安心して利用できます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

1回の入力で最大30社の車買取店に査定してもらえる

査定してもらう業者を自分で決めることができるのが特徴の車買取一括査定サイトです。大手はもちろん、地方の中小買取店とも提携しているので、意外な高額査定が出ることも。


↑↑↑

【無料でできます!】

サイト内検索
今月の注目記事
最近の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ