↑↑↑

【無料でできます!】

北海道の車に関するご当地ルール(カーライフあるあるネタ)

日本の最北端にあり、広大な土地がある北海道。

 

映画やテレビのロケ地として有名で、美味しいものもたくさんあり、一度は訪れてみたい観光地に選ばれるスポットが数多くあります。

 

そんな北海道は、土地がとても広いので、北海道独特のご当地ルールがあるんです。

 

そこで、『カーライフに関する北海道のご当地ルール』についてお話ししますね。

 

北海道の人は共感でき、本州より南の人は驚くようなネタがいっぱいありますよ。

 

 

「愛車を高く売りたい」 を実現する方法
  • 大切に乗ってきた車だから、1円でも高く買取りしてほしい
  • 下取り査定額をアップさせたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

毎月100人以上が利用する方法で、あなたのこの悩みを解決できます。

⇒詳細はこちらをクリック

↑↑↑  

無料でできます

北海道は4WDが圧倒的に人気

北海道のカーライフに関するご当地ルールの前に、まずは、北海道のクルマに関するデータを見てみましょう。

 

北海道は、広大な土地があるので、車は必需品だと考えられます。

 

下の表を見る通り、都道府県別の自動車保有台数では5位にランクインしていますが、人口100人あたりの台数に換算すると、静岡県や愛知県よりも少ないんです。

 

都道府県別自動車保有台数
順位 都道府県 乗用車 人口100人当たりの台数
1位 愛知 409万1919台 54.8台
2位 埼玉 316万1694台 43.6台
3位 東京 315万0527台 23.4台
4位 神奈川 305万6763台 33.5台
5位 北海道 279万0880台 52.0台
6位 千葉 276万8805台 44.6台
7位 大阪 276万1301台 31.2台
8位 福岡 255万1521台 50.1台
9位 兵庫 230万2153台 41.7台
10位 静岡 218万9494台 59.5台

2015年11月末時点

出典:自動車保有台数

(引用元:ベストカー)

 

 

さらに、北海道内の自動車保有台数を細かく見ると、なんと札幌市が、北海道全体の約50%を占めているんです。

 

道内の自動車保有台数
札幌 130万9616台 46.9%
函館 24万3671台 8.7%
旭川 36万2697台 13.0%
室蘭 27万5367台 9.9%
釧路 19万7262台 7.1%
帯広 22万3806台 8.0%
北見 17万8461台 6.4%
279万0880台 100%

運輸支局管内、2015年11月末時点

地方の方の話では、メインで使うクルマは軽よりも乗用車のほうが雪道を走りやすいので、人気が高いそうだ

(引用元:ベストカー)

 

 

北海道は、やはり4WD車が大人気

北海道は、雪が多いので、やはり4WD車が人気です。

 

北海道で売れている車で、スバルは約98%、三菱にいたっては100%が4WD車なんですよ。

 

4WDの販売比率&人気車種
トヨタ販売店

ネッツトヨタ

4WD率 80%
ノア/ヴォクシー

ヴィッツ

プリウス

ポルテ

日産 4WD率 90%
エクストレイル

ノート

デイズ、デイズルークス

ホンダ 4WD率 80%
フィット

ヴェゼル

マツダ 4WD率 90%
デミオ

CX-5

CX-3

スバル 4WD率 98%
レヴォーグ

インプレッサスポーツ

フォレスター

三菱 4WD率 100%
デリカD:5

アウトランダーPHEV

eKワゴン

(引用元:ベストカー)

 

 

ただ、4WDが人気の北海道で、売れている車が全国の傾向と異なるのが、車種の多いトヨタです。

 

北海道でも、比較的雪の少ない道南では、アクアのようなFF車が売れています。

 

けれど、雪の多い地区では、4WDの設定がないアクアは不人気で、ノア/ヴォクシー、ヴィッツなどの4WDの設定がある車種が人気なんです。

 

全国的に人気のアクアも、北海道の雪の多い地区ではあまり人気がないんですね。

 

 

カーライフに関する北海道のご当地ルール

それでは、北海道のカーライフに関するご当地ルール(北海道のカーライフあるある)を紹介しますね。

 

北海道に住んでいる人&北海道出身の人は「あるある~」と、それ以外の人は「そうなんだ~」というネタですよ(笑)。

 

タクシーをハイヤーと呼ぶ高齢者が多い

昭和のとき、○○ハイヤーというタクシー会社が多くありました。

 

なので、タクシー会社に電話してやってくるタクシーを「ハイヤー」と呼んでいました。

 

その名残が今でも残っているんです。

 

信号機はタテ型の方が多い

信号機に雪が積もると、折れてしまうことがあります。

 

なので、北海道では、タテ型の信号機が多くなっています。

 

ただ、LEDタイプの信号機は、薄型で雪が積もりにくいので、北海道でも横型の信号機が増えてきました。

 

北海道は右折レーンが少ない

北海道は、右折レーンが少ないという特徴があるんです。

 

北海道の幹線道路は車線の幅が広くて、走りやすいのだが、交差点付近でうっかり右側車線を走っていると、右折渋滞に巻き込まれる。

(引用元:ベストカー)

 

 

北海道のカーライフには、このようなあるあるがあります。

 

興味深いことがたくさんですね。

 

次回も、この続きとして、北海道のカーライフに関するご当地ルール(北海道のカーライフあるある)を紹介しますね。

タグ:  

カテゴリ:車ニュース 

車を高く売りたいなら、車買取店を競合させよう

かんたん車査定ガイド

必要項目を入力後、1秒で愛車の買取実績の最高額が分かる

JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店とだけ提携している安心の車買取一括査定です。約1分の入力項目後、あなたの愛車の大まかな買取価格を教えてくれ、最大10社から査定を受けることができます。大手買取店~こだわりの専門店まで、幅広い車屋から査定を受けられるので高額査定が期待できます。

車査定比較.com

75万台以上のデータから算出した買取り相場を教えてくれる

全国200社以上の質の高い車買取業者と提携している、人気の車買取一括査定サイトです。数項目入力するだけで最大10車の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出した買取相場を教えてくれます。上場企業が運営している車買取一括査定サイトなので安心して利用できます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

1回の入力で最大30社の車買取店に査定してもらえる

査定してもらう業者を自分で決めることができるのが特徴の車買取一括査定サイトです。大手はもちろん、地方の中小買取店とも提携しているので、意外な高額査定が出ることも。


↑↑↑

【無料でできます!】

サイト内検索
今月の注目記事
最近の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ