新車購入時の値引きは5つの種類がある。ディーラーの利益から捻出されます

新車を購入するときは、ほとんどの人が値引き交渉を行いますよね。

 

時期によってはキャンペーンなども行っているので、そのタイミングで購入すると、よりお得に新車を購入することができます。

 

では、このような値引きなどのお金(原資)は、どこからでているのでしょうか?

 

また、値引きには、どのような種類があるのでしょうか?

 

新車購入時の『値引きのメカニズム』や『値引きの種類』についてお話ししますね。

 

実際の商談のときに活かしてください。

 

 

「愛車を高く売りたい」 を実現する方法
  • 大切に乗ってきた車だから、1円でも高く買取りしてほしい
  • 下取り査定額をアップさせたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

このサービスを使えば、50万円以上も高く売ることができる可能性があります。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

値引きは、販売店の利益からでている

新車を購入するときの値引き交渉は、自分が設定した予算に近づけるために行います。

 

なので、ズルズルと値引き交渉を行うのはNGです。

 

予算を達成したら、交渉は終了してくださいね。

 

 

では、値引きのお金(原資)は、どこから出ているのでしょうか?

 

実は、値引きした分の金額は、ディーラーなど販売会社の利益から当てられているんです。

 

 

カタログや価格表には、昔は車両本体価格が書かれていました。

 

けれど、現在は、「メーカー希望販売価格」が書かれています。

 

※メーカーとは、車(製品)をつくっている企業のことをいいます。トヨタ自動車や日産自動車などがこれに当たります。

 

メーカー希望販売価格は、メーカーから販売会社に新車が卸販売されるときの価格(仕切り価格といいます)に、販売会社の利益を上乗せしたものです。

 

車両本体値引きは、この販売会社の利益を削って行われているんです。

 

ローンを利用したときの値引きやオプション値引きも、販売会社の利益を削って行われているんです。

 

なので、値引き交渉のときに営業マンが「もう赤字です」というときも、仕切り価格を割り込むような、「原価割れ」のようなことは起こらないんですよ。

 

 

値引きの種類は、大きく分けて5つ

新車購入時の値引きには、大きく分けて5つの種類があります。

 

それぞれ、詳しくお話ししますね。

 

車両本体値引き

車両本体値引きは、販売会社の利益から捻出される値引きです。

 

新車を買うときに、多くの人が交渉のメインにする値引きですね。

 

同じ車でもディーラーごとに値引き額が違うことがありますが、これはメーカーが販売会社に卸す価格(仕切り価格)が、販売会社で違うからです。

 

メーカー希望小売価格は同じなので、仕切り価格が安ければ、値引き額に余力があるので大幅値引きができるというわけです。

 

用品(オプション)値引き

オプションには、車の製造ラインでつけられるメーカーオプション(後付け不可)と、販売店でつけられるディーラーオプション(後付け可)があります。

 

ディーラーオプションは大幅値引きが期待できますが、オプションの合計金額の20%が上限の目安となっています。(販売会社や車種によって割引率は変わってきます)

 

ただ、新車が思うように売れなくなると、ディーラーオプションの値引きは縮小傾向になります。

 

 

メーカーオプションは、オプション値引きをするというよりも、車両本体値引きに上乗せされることが多いようです。

 

ローン利用による支援

メーカー系信販会社のローンを利用すると、少し値引きしてくれることがあります。

 

これは、お客がメーカー系信販会社のローンを利用すると、販売会社に信販会社からバックマージンが入ります。

 

このバックマージンが、値引きの原資になるというわけです。

 

下取り査定額の上乗せ

本来、下取り査定額は、下取り車の状態を厳密に査定し、中古車相場の動きを考慮しながら客観的に決められます。

 

けれど、お客の希望予算のクリアが難しいときは、下取り査定額が上乗せされて、値引き補てんが行われます。

 

メーカーからの販売支援型

メーカーからの販売支援型のものは、唯一、販売店の利益から行われていない値引きです。

 

「○万円キャッシュバックキャンペーン」や「●万円オプションキャンペーン」などが、メーカーからの販売支援型に該当します。

 

また、テレビCMや折り込みチラシでアピールされているものも、メーカーからの販売支援型に当たることが多いです。

 

全国統一で行われる場合、地域ごとに行われる場合、メーカーが直接お客に支払う場合があります。

 

 

このように、値引きには、大きく分けて5つの種類があります。

 

新車を購入するとき、上手に値引き交渉してお得に購入してくださいね。

タグ:  

カテゴリ:値引きの種類 

車を高く売りたいなら、車買取店を競合させよう

かんたん車査定ガイド

必要項目を入力後、1秒で愛車の買取実績の最高額が分かる

JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店とだけ提携している安心の車買取一括査定です。約1分の入力項目後、あなたの愛車の大まかな買取価格を教えてくれ、最大10社から査定を受けることができます。大手買取店~こだわりの専門店まで、幅広い車屋から査定を受けられるので高額査定が期待できます。

車査定比較.com

75万台以上のデータから算出した買取り相場を教えてくれる

全国200社以上の質の高い車買取業者と提携している、人気の車買取一括査定サイトです。数項目入力するだけで最大10車の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出した買取相場を教えてくれます。上場企業が運営している車買取一括査定サイトなので安心して利用できます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

1回の入力で最大30社の車買取店に査定してもらえる

査定してもらう業者を自分で決めることができるのが特徴の車買取一括査定サイトです。大手はもちろん、地方の中小買取店とも提携しているので、意外な高額査定が出ることも。


↑↑↑

【無料でできます!】

↑↑↑

【無料でできます!】

サイト内検索
今月の注目記事
最近の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ