展示車の納車は絶対に嫌という意思表示はハッキリ。フレーム番号も控えよう

車を購入するときは、営業マンと商談を行います。

 

このとき、急に営業マンが「このグレードでこの色なら納期がかなり早くなります」と言ってくることがあります。

 

ですが、これは要注意です。もしかしたら展示車を納車される可能性があるからです。

 

そこで、『展示車は絶対に嫌という意思表示をハッキリしよう』についてお話ししますね。

 

 

「愛車を高く売りたい」 を実現する方法
  • 大切に乗ってきた車だから、1円でも高く買取りしてほしい
  • 下取り査定額をアップさせたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

このサービスを使えば、50万円以上も高く売ることができる可能性があります。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

車台番号などを控えてなどして、展示車が納車されるのを防ごう

せっかく新車を購入したのに、展示車が納車されるのは絶対に嫌ですよね。

 

ときどき、お客に無断で展示車を納品し、後からキズや汚れが発見されてトラブルになることもあります。

 

 

近年は、ディーラーのほとんどが、展示車と販売車両を分けて管理してます。

 

また、販売台数を稼ぐために、未登録展示車ではなく登録済みに試乗車として、各ディーラーに車を配置することも増えています。

 

そのため以前よりは、展示車が納車されることは減りました。

 

ですが、それでも展示車が、絶対納車されないとはいいきれないんです。

 

しかも、納車予定となっている車が展示車だったかどうかも、営業マンのハッキり確認することは難しいんです。

 

 

では、展示車を納車されないようにするためにはどうすればいいかというと、まずは、ハッキリ営業マンに「展示車は嫌だ」という意思を伝えることがポイントです。

 

黙っていると展示車に引き当たるリスクもあるので、まずは注文書の特記事項に「展示車お断り」と書くこと。さらに「納車時には、シートにかかっているビニールなどはすべてそのままで納車して欲しい」と指示しておく。

(引用元:ザ・マイカー)

 

このようにハッキリり「展示車はNO!」ということを営業マンに伝えることが重要です。

 

自動車メーカーの工場からディーラーに車が届く時には、シートにビニールがかかっています。そのシートのビニールをそのままにしてもらうことで、展示車が納車される可能性を下げることができるんです。

 

 

そして、もし展示車に、購入予定の車と同じグレード・同じ色の車があったら、そのフレーム番号を控えておくこと重要なポイントです。

 

同色同グレードの展示車があったらフレーム番号を控えておくこともおすすめ。

(引用元:ザ・マイカー)

 

 

このように、しつこいくらいに、「展示車は絶対に嫌」と伝えておくことで、展示車が納車される可能性を大幅に下げることができますよ。

 

もし、納車された車にキズがあるなどして納得できなければ、受け取り拒否をするようにしてくださいね。

 

※納車は、契約通りの車になっているか確認する大切な儀式です

納車時の確認は入念に。キズがあったら受け取り拒否を|チェックポイント2

車を高く売りたいなら、車買取店を競合させよう

かんたん車査定ガイド

必要項目を入力後、1秒で愛車の買取実績の最高額が分かる

JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店とだけ提携している安心の車買取一括査定です。約1分の入力項目後、あなたの愛車の大まかな買取価格を教えてくれ、最大10社から査定を受けることができます。大手買取店~こだわりの専門店まで、幅広い車屋から査定を受けられるので高額査定が期待できます。

車査定比較.com

75万台以上のデータから算出した買取り相場を教えてくれる

全国200社以上の質の高い車買取業者と提携している、人気の車買取一括査定サイトです。数項目入力するだけで最大10車の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出した買取相場を教えてくれます。上場企業が運営している車買取一括査定サイトなので安心して利用できます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

1回の入力で最大30社の車買取店に査定してもらえる

査定してもらう業者を自分で決めることができるのが特徴の車買取一括査定サイトです。大手はもちろん、地方の中小買取店とも提携しているので、意外な高額査定が出ることも。


↑↑↑

【無料でできます!】

↑↑↑

【無料でできます!】

サイト内検索
今月の注目記事
最近の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ