ダウンサイジングターボは本当に燃費が良くなる?コンパクトカーのハイブリッドに4WDがないの理由

クルマ好きな人は、車に関する情報を収集して、いろいろなことに興味を示します。

 

そのため普通の人なら気にしないようなことでも、「なぜ?」という疑問を持ちます。

 

そこで、複数回にわたり車に対する疑問や不思議についてお話ししています。

 

その続きについてお話ししますね。

 

今回は、

 

・ダウンサイジングターボって本当に燃費が良くなるの?

・コンパクトカーのハイブリッド仕様には4WDの設定がないのはなぜ?

 

についてです。

 

 

ちなみに、以前紹介した「なぜスバル車はアメリカで人気なの?」「日本の自動車メーカーは、なぜDCTよりATにこだわるの?」などについては、こちらからどうぞ。

 

※スバル車は、アメリカで評価が高いです

車の不思議。スバル車はアメリカで人気の理由は?日本車がATにこだわるわけは?車業界のなぜ?

 

※日本ではPHVをつくるメリットは、あまりありません

日本はHV中心で、欧州はPHV中心なのはなぜ?欧州でマツダ車が人気の理由は?

 

 

「愛車を高く売りたい」 を実現する方法
  • 大切に乗ってきた車だから、1円でも高く買取りしてほしい
  • 下取り査定額をアップさせたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

このサービスを使えば、50万円以上も高く売ることができる可能性があります。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

ダウンサイジングターボって本当に燃費が良くなるの?

近年は、燃費と環境性能が良くなるということで、ダウンサイジングターボ化している車種が増えています。

 

けれど、実際に燃費は良くなっているのでしょうか?

 

 

ダウンサイジングターボは、小さな排気量で大きなトルクを生み出すのが目標です。

 

そこで、同じくらいの最大トルクのNAエンジンと燃費の数値を比較しました。

 

また、参考として、最高出力(最高馬力)が同じくらいのNAエンジンと比較したものも示しますね。

 

NAエンジンと、その代わりに搭載されたダウンサイジングターボの燃費比較
クラウン2.0ターボ 235ps/35.7kgm 13.4km/L
クラウン3.5NA 315ps/38.4kgm 9.6km/L ー40%
(参考)クラウン2.5NA 203ps/24.8kgm 11.4km/L ー18%
スカイライン2.0ターボ 211ps/35.7kgm 13.0km/L
旧スカイライン3.7NA 330ps/36.8kgm 9.7km/L ー34%
(参考)旧スカイライン2.5NA 225ps/26.3kgm 12.2km/L ー7%
ステップワゴン1.5ターボ 150ps/20.7kgm 16.0km/L
旧ステップワゴン2.0NA 150ps/19.7kgm 14.8km/L ー8%
レヴォーグ1.6ターボ 170ps/25.5kgm 17.6km/L
アウトバック2.5NA 175ps/24.0kgm 14.6km/L ー21%

(引用元:ベストカー)

 

 

これをみると、ダウンサイジングターボ化することで、燃費が良くなっているがわかります。

 

とくに、ステップワゴンは、サイズ、重量、ボディ形状がほぼ同じなので、ダウンサイジングターボ化による燃費向上がよくわかります。

 

しかも、ダウンサイジングターボ化することによって、自動車税などが安くなるのも嬉しいポイントです。

 

 

コンパクトカーのハイブリッド仕様には4WDの設定がないのはなぜ?

下の表を見ると、ハイブリッドカーで4WDの設定があるのは、ミニバンやSUVばかりです。

 

ハイブリッドで4WDの設定があるミニバン、SUV
メーカー 車種 パワーユニット 駆動
トヨタ アルファード/ヴェルファイア 2.5L+モーター E-Four
エスティマ 2.4L+モーター E-Four
ハリアー 2.5L+モーター E-Four
レクサス RX450h 3.5L+モーター E-Four
NX300h 2.5L+モーター E-Four
日産 エクストレイル 2L+モーター オールモード4×4i
ホンダ ヴェゼル 1.5L+モーター 電制ビスカス式
スバル XVハイブリッド 2L+モーター 電制カップリング
スズキ イグニス 1.2Lマイルドハイブリッド ビスカス式

(引用元:ベストカー)

 

 

なぜ、販売台数が圧倒的に多いコンパクトカーのハイブリッド仕様には、4WDの設定がないのでしょうか?

 

「4WDにするにはトランスアクスルが必要になるけれど、タダでさえ車体の小さいコンパクトカーに、トンネルを作ってプロペラシャフトを引っ張って、トランスアクスルもとなると、後席の居住空間を奪うことになってしまうんです。それは、メーカーが考える商品の方向性とは異なるということです」

(引用元:ベストカー)

 

プリウス(トヨタ)は、プロペラシャフトの代わりに配線を引いて、小型のモータートランスアクスルを搭載して、居住性の問題をクリアしているんです。

 

コンパクトカーでこれを採用するには台数が売れないとペイできないので、できるのはトヨタくらいなんだそうです。

 

世界でトップの自動車メーカーのトヨタだからできることなんですね。

車を高く売りたいなら、車買取店を競合させよう

かんたん車査定ガイド

必要項目を入力後、1秒で愛車の買取実績の最高額が分かる

JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店とだけ提携している安心の車買取一括査定です。約1分の入力項目後、あなたの愛車の大まかな買取価格を教えてくれ、最大10社から査定を受けることができます。大手買取店~こだわりの専門店まで、幅広い車屋から査定を受けられるので高額査定が期待できます。

車査定比較.com

75万台以上のデータから算出した買取り相場を教えてくれる

全国200社以上の質の高い車買取業者と提携している、人気の車買取一括査定サイトです。数項目入力するだけで最大10車の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出した買取相場を教えてくれます。上場企業が運営している車買取一括査定サイトなので安心して利用できます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

1回の入力で最大30社の車買取店に査定してもらえる

査定してもらう業者を自分で決めることができるのが特徴の車買取一括査定サイトです。大手はもちろん、地方の中小買取店とも提携しているので、意外な高額査定が出ることも。


↑↑↑

【無料でできます!】

↑↑↑

【無料でできます!】

サイト内検索
今月の注目記事
最近の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ