↑↑↑

【無料でできます!】

ルーミー、ソリオ、フリードのメリット、デメリット。人気プチバンの特徴とは?

ソリオ(スズキ)やフリード(ホンダ)がこれまで奮闘してきた“プチバン”市場に、ルーミー(トヨタ)4兄弟が参入してきて盛り上がってきています。

 

プチバンは、コンパクトなボディながら、広い室内空間を持っているので、かなり使い勝手が良いですね。

 

では、ソリオ、フリード、ルーミーの特徴は、それぞれどうなっているのでしょうか?

 

ソリオ、フリード、ルーミーの良い点、悪い点』についてお話ししますね。

 

話題の3車種をそれぞれ見てみましょう。

 

 

ちなみにルーミーは、タンク(トヨタ)、トール(ダイハツ)、ジャスティ(スバル)と兄弟車です。

 

 

「愛車を高く売りたい」 を実現する方法
  • 大切に乗ってきた車だから、1円でも高く買取りしてほしい
  • 下取り査定額をアップさせたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

毎月100人以上が利用する方法で、あなたのこの悩みを解決できます。

⇒詳細はこちらをクリック

↑↑↑  

無料でできます

ルーミーは、丁寧に作られている

ルーミーやタンク、トール、ジャスティは、しっかり丁寧に作られています。

 

価格やクラスから考えれば、特別な部材や工法などを使うことはしてないはずです。

 

けれど、ボディパネルの合わせ込みや仕上げが、丁寧なんです。

 

 

走行中は、車内にそれなりに騒音が入ってきますが、不快に感じるほどではありません。

 

 

ただし、ルーミー4兄弟は、乗り心地や走行性能に不満があります。

 

ルーミー4兄弟は、開発期間が2年と短く、2世代前の初代パッソに使われているプラットフォームが使われています。

 

補強してあるものの、1100kgの重たいボディを支えるのは難しく、カーブを曲がる時にボディが大きく傾いてしまいます。

 

後席の座面は表皮をピンと張りすぎているので、乗り心地が硬いです。

 

 

さらに、自然吸気エンジン仕様は高回転型なので、実用回転域でのパワーが不足しています。

 

 

ルーミー4兄弟には、このようなメリット、デメリットがあります。

 

トヨタルーミーカスタムG-T
全長 3725mm
全幅 1670mm
全高 1735mm
ホイールベース 2490mm
車両重量 1100kg
エンジン 直列3気筒DOHCターボ
総排気量 996cc
最大出力 98ps/6000rpm
最大トルク 14.3kgm/2400-4000rpm
トランスミッション CVT
サスペンション ストラット/トーションビーム
タイヤサイズ 175/55R15
JC08モード燃費 21.8km/L
価格 196万5600円

(引用元:ベストカー)

 

 

ソリオは走行性能が高い

スズキは、長年プチバンのソリオの開発と改良を行ってきました。

 

そのため、背の高いワゴンとは思えないほど、ソリオは走行性能や走行安定性が高いです。

 

全幅も小さいので、運転がしやすく、取り回し性も抜群に良いんです。

 

 

 

ドライビングポジションも乗用車的なので、まるでプチバンのスポーティカーという感じです。

 

ボディパネルの合わせ込みもしっかりしていて、接合部のアソビがないためハンドリングに対する車の反応が機敏で気持ちいいです。

 

 

ただし、ソリオが搭載しているAGS(シングルクラッチ2ペダルAMT)は、変速時のショックを少し感じるというデメリットがあります。

 

もう少しスムーズだと、もっと乗りやすくなって、良い車になります。

 

スズキソリオバンディットハイブリッドSV
全長 3710mm
全幅 1625mm
全高 1745mm
ホイールベース 2480mm
車両重量 990kg
エンジン 直列4気筒DOHCハイブリッド
総排気量 1242cc
最大出力 91ps/6000rpm
最大トルク 12.0kgm/4400rpm
モーター出力/トルク 13.6ps/3.1kgm
トランスミッション 5速AGS
サスペンション ストラット/トーションビーム
タイヤサイズ 165/65R15
JC08モード燃費 32.0km/L
価格 204万6600円

(引用元:ベストカー)

 

 

フリードは、もう少しお客のことを考えた開発を

ソリオとルーミーは形状や寸法がそっくりですが、ソリオやルーミーと比べて一回り大きいです。

 

そんなフリードは、自動車評論家の水野和敏さんいわく、もう少し使いやすい設計をしてほしいようです。

 

開発陣がどのくらい「お客様がどう乗って、どう使うのか!?」を考えイメージしているのか?ブレーキのタッチや操安性能などだけでなく、スライドドアの乗降部のステップ高、ドアレールのむき出しの開口部の処理など各部にわたる。

 

2列目3列目には小さい子供やお年寄りが乗り降りする。ドアレール下のシルとフロア面の間の大きな開口がちょうど足を持ち上げる場所に大きくあいていて引っかけて転んでしまう恐れがあるのは危険。こうした部分に気を使って、ファミリーカー作りをしてほしい。

(引用元:ベストカー)

 

フリードには、このようなデメリットがあるんです。

 

ホンダフリードハイブリッドG 6人乗り
全長 4265mm
全幅 1695mm
全高 1710mm
ホイールベース 2740mm
車両重量 1410kg
エンジン 直列4気筒DOHCハイブリッド
総排気量 1496cc
最大出力 110ps/6000rpm
最大トルク 13.7kgm/5000rpm
モーター出力/トルク 29.5ps/16.3kgm
トランスミッション 7速DCT
サスペンション ストラット/車軸式
タイヤサイズ 185/65R15
JC08モード燃費 27.2km/L
価格 249万6000円

(引用元:ベストカー)
ルーミーにも、ソリオにも、フリードにも、それぞれメリット、デメリットがあります。

 

自動車メーカーには、メリットはもっと良くして、デメリットは改良して、よりよい車づくりをしていってもらいたいですね

車を高く売りたいなら、車買取店を競合させよう

かんたん車査定ガイド

必要項目を入力後、1秒で愛車の買取実績の最高額が分かる

JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店とだけ提携している安心の車買取一括査定です。約1分の入力項目後、あなたの愛車の大まかな買取価格を教えてくれ、最大10社から査定を受けることができます。大手買取店~こだわりの専門店まで、幅広い車屋から査定を受けられるので高額査定が期待できます。

車査定比較.com

75万台以上のデータから算出した買取り相場を教えてくれる

全国200社以上の質の高い車買取業者と提携している、人気の車買取一括査定サイトです。数項目入力するだけで最大10車の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出した買取相場を教えてくれます。上場企業が運営している車買取一括査定サイトなので安心して利用できます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

1回の入力で最大30社の車買取店に査定してもらえる

査定してもらう業者を自分で決めることができるのが特徴の車買取一括査定サイトです。大手はもちろん、地方の中小買取店とも提携しているので、意外な高額査定が出ることも。


↑↑↑

【無料でできます!】

サイト内検索
今月の注目記事
最近の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ