↑↑↑

【無料でできます!】

ステーションワゴンの注意点。車種が少なく選びにくい

車には、軽自動車やハイブリッドカー、SUV、ミニバン、スポーツクーペなど、さまざまなクラスがあります。

 

どのクラスも魅力的な特徴がありますが、一方で、注意したいところもあります。

 

そこで、各クラスの注意点についてお話ししますね。

 

今回は、『ステーションワゴンクラスの注意点』についてです。

 

 

「愛車を高く売りたい」 を実現する方法
  • 大切に乗ってきた車だから、1円でも高く買取りしてほしい
  • 下取り査定額をアップさせたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

毎月100人以上が利用する方法で、あなたのこの悩みを解決できます。

⇒詳細はこちらをクリック

↑↑↑  

無料でできます

ステーションワゴンクラスの5つの注意点

ステーションワゴンの基本的な形は、セダンの天井を後ろに向けて長く伸ばし、トランクスペースまで室内空間にした形状です。

 

そのため、走行安定性と乗り心地が優れていて、荷室も使いやすいという特徴があります。

 

セダンをベースに荷室の機能を向上させ、セダンの魅力を兼ね備えた車が、ステーションワゴンクラスです。

 

ただ、現在は、ミニバンに押されて人気が下降し、日本国内だけでなく、北米でも売り上げが下がってしまっています。

 

そんなステーションワゴンクラスの注意点は、以下の5つです。

 

ステーションワゴンは、ミニバンと比べて居住性や積載性が低い

ステーションワゴンは、セダンと同じく走行安定性や乗り心地を向上させやすいです。

 

けれど、一方でミニバンと比べると居住性や積載性が低く、車種が多く選びやすいミニバンにおされて、ステーションワゴンは人気が低迷しました。

 

セダンより走行安定性や乗り心地が劣る

ステーションワゴンは、セダンと同じく走行安定性や乗り心地が良いことがメリットです。

 

ですが、厳密にいえば、ステーションワゴンは、セダンよりも走行安定性や乗り心地が劣ってしまいます

 

ボディの後部にリアゲートを備え、セダンのように後席の背面に壁がないので、ボディ剛性が下がってしまうからです。

 

そのため、車種によっては、走行音が気になってしまいます。

 

5ナンバーサイズのステーションワゴンが少ない

ボディのワイド化が進み、5ナンバーサイズのステーションワゴンが少なくなりました

 

しかも、設計も古いため、選びにくくなってしまいました。

 

ステーションワゴンは価格が割高

ステーションワゴンは、ミニバンやコンパクトカーと比べて価格が全体的に割高です。

 

ステーションワゴンは車種が少ない

日本と北米を中心に、ワゴンの需要は低くなってしまいました。

 

そのため、ステーションワゴンの車種は激減し、選びにくい状態となっています。

 

車種が少ないのは、ステーションワゴンクラスの大きな欠点です。

 

設計の古い車種も多く、機能や価格などを比較して、実質選べる車種は少ししかありません。

 

輸入車を購入する人も多くなっているのが現状です。

 

 

ステーションワゴンクラスには、このような注意点があります。

 

購入するときは、これら注意点をクリアできるか、しっかり確認してくださいね。

車を高く売りたいなら、車買取店を競合させよう

かんたん車査定ガイド

必要項目を入力後、1秒で愛車の買取実績の最高額が分かる

JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店とだけ提携している安心の車買取一括査定です。約1分の入力項目後、あなたの愛車の大まかな買取価格を教えてくれ、最大10社から査定を受けることができます。大手買取店~こだわりの専門店まで、幅広い車屋から査定を受けられるので高額査定が期待できます。

車査定比較.com

75万台以上のデータから算出した買取り相場を教えてくれる

全国200社以上の質の高い車買取業者と提携している、人気の車買取一括査定サイトです。数項目入力するだけで最大10車の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出した買取相場を教えてくれます。上場企業が運営している車買取一括査定サイトなので安心して利用できます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

1回の入力で最大30社の車買取店に査定してもらえる

査定してもらう業者を自分で決めることができるのが特徴の車買取一括査定サイトです。大手はもちろん、地方の中小買取店とも提携しているので、意外な高額査定が出ることも。


↑↑↑

【無料でできます!】

サイト内検索
今月の注目記事
最近の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ