SUV選びのポイント。扱いやすい車種から豪華な車種まで幅広くそろう

車には、コンパクトカーや軽自動車、ミニバンなどさまざまなクラスがあります。

 

どのクラスにもたくさんの車種があり、車種数が多いことは選択肢が増えることなので、ユーザーにとってもうれしいことです。

 

けれど、新車を購入するときに、車種が多すぎて悩んでしまうこともありますよね。

 

そこで、クルマ選びのコツとして、『SUV選びのポイント』についてお話ししますね。

 

 

ちなみに、これまでに軽自動車やコンパクトカー、ミニバンなどを選ぶときのポイントについてお話ししました。

 

こちらもぜひ参考に読んでみてください。

 

※軽自動車の売れ筋車種は、3つに分けることができる

軽自動車選びのポイント。全高によって3つの種類に分けられる

 

※コンパクトカーも、大きく分けていくつかに分けることができます

コンパクトカー選びのポイント。使用目的やエンジン、安全装備などから選択しよう

 

※ミニバンは、ボディサイズとエンジンサイズで人気車は分けられます

ミニバン選びのポイント。全高が1700mmを超える車種が人気

 

※電気自動車や燃料電池車は、車種数がかなり少ないです

EV/FCV選びのポイント。車種が限られ、選択肢がかなり少ない

 

※車の基本形のセダンは、走行性能と安全性能が高い

セダン選びのポイント。サイズは大きいが、走行性能と安全性が高い

 

※セダンのような走行安定性の高さが魅力です

ステーションワゴン選びのポイント。車種は少ないが予算に応じて選べる

 

※スタイリッシュで走行性能が高い車がそろっています

スポーツ&スペシャリティ選びのポイント。少数精鋭ながら楽しい車種が揃う

 

「愛車を高く売りたい」 を実現する方法
  • 大切に乗ってきた車だから、1円でも高く買取りしてほしい
  • 下取り査定額をアップさせたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

このサービスを使えば、50万円以上も高く売ることができる可能性があります。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

SUVは、個性的な外観と使い勝手の良さから人気のクラスに

SUVは、もともと悪路を走るクルマとして開発されました。

 

原形は、第二次世界大戦で活躍したアメリカの「ジープ」にまでさかのぼります。

 

強固なフレームにパワフルなエンジンや足まりを組み合わせ、4WDを備え、最低地上高(路面とボディの一番低い部分との間隔)も広いので、凸凹など悪路も乗り越えやすくなっています

 

 

このような悪路走破性に重点を置いたSUVは、今では少なくなりました。

 

けれど、ランドクルーザー(トヨタ)やパジェロ(三菱)は、現行型でも悪路走破性に重点を置いて開発されています。

 

 

1990年代に入ると、乗用車のプラットフォームをベースにしたSUVが登場してきて、悪路の走破性の高さよりも、外観のカッコよさに重点が置かれています。

 

大径タイヤや背の高いボディなど、SUVらしいデザインを取り込むことで、存在感を強調しています。

 

乗用車がベースなので、悪路走破性に重点を置いたSUVよりも、走行安定性や乗り心地が良いです。

 

床面も低めになっているので、乗降性も良いです。

 

ボディは、ワゴンやハッチバックと同じ形状なので居住性が優れていて、バックドアが装備されているので荷物の出し入れもしやすいです。

 

 

乗用車をベースとして作られたSUVは、ファミリーカーとして日常的に便利に使える機能を多く装備しています

 

さらに、外観も個性的なので、人気のクラスとなっています。

 

 

SUVは、選択肢が増えて選びやすくなった

SUVは、

 

・1500ccクラスのエンジンを搭載したコンパクトなタイプ

・2000ccクラスエンジン積んだミドルサイズ

・全長が4700mmを上回るLサイズ

 

に大きく分けられます。

 

 

1500ccクラスのエンジンを搭載するコンパクトなSUVには、CX-3(マツダ)やヴェゼル(ホンダ)、ジューク(日産)などがあります。

 

全幅は3ナンバーサイズなのでワイドですが、全長は4300mm以下なので、街中でも運転がしやすいです。

 

SUVはボディが大きいので、街中などで扱いにくいことがありますが、コンパクトSUVなら扱いやすいです。

 

車両本体価格や燃料代も安くなるので、運転のしやすさや経済性で選びたいなら、コンパクトなSUVです。

 

 

2000ccクラスのエンジンを積んだミドルサイズSUVには、エクストレイル(日産)やフォレスター(スバル)、CX-5(マツダ)などがあります。

 

エクストレイルやフォレスターは、後席を含めて居住性が高いので、ファミリーカーとしても使いやすいです。

 

ファミリーカーとしてSUVを使いたいなら、全長が4500mm~4700mmの2000ccクラスのエンジンを搭載した、ミドルサイズSUVです。

 

 

全長が4700mmを超えるLサイズには、ハリアー(トヨタ)やRX(レクサス)、レガシィアウトバック(スバル)などがあります。

 

居住性が高く豪華な雰囲気を持っていて、乗り心地が優れているSUVが欲しいなら、このクラスです。

 

長距離移動をするのにも適していますよ。

 

 

このようにSUVは、取り回し性が良い車種から、豪華な車種まで幅広くそろっています

 

SUVの魅力のポイント

 

①最低地上高に余裕を持たせて悪路の走破性を高めた

②存在感のある外観と大径タイヤの組み合わせがファッションとして注目

③ボディ上部はワゴンやハッチバックと同様の形状だから居住性にも優れる

(引用元:ザ・マイカー)

タグ:  

カテゴリ:クラス別注意点 

車を高く売りたいなら、車買取店を競合させよう

かんたん車査定ガイド

必要項目を入力後、1秒で愛車の買取実績の最高額が分かる

JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店とだけ提携している安心の車買取一括査定です。約1分の入力項目後、あなたの愛車の大まかな買取価格を教えてくれ、最大10社から査定を受けることができます。大手買取店~こだわりの専門店まで、幅広い車屋から査定を受けられるので高額査定が期待できます。

車査定比較.com

75万台以上のデータから算出した買取り相場を教えてくれる

全国200社以上の質の高い車買取業者と提携している、人気の車買取一括査定サイトです。数項目入力するだけで最大10車の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出した買取相場を教えてくれます。上場企業が運営している車買取一括査定サイトなので安心して利用できます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

1回の入力で最大30社の車買取店に査定してもらえる

査定してもらう業者を自分で決めることができるのが特徴の車買取一括査定サイトです。大手はもちろん、地方の中小買取店とも提携しているので、意外な高額査定が出ることも。


↑↑↑

【無料でできます!】

↑↑↑

【無料でできます!】

サイト内検索
今月の注目記事
最近の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ