NO IMAGE 車の豆知識

車を1台売ったら、販売店の利益はどのくらいあるの?|面白い豆知識5

車に乗っているといろいろなことを疑問に感じますよね。そこで『車にまつわる面白い豆知識』として、「車1台売ったら、利益は何%?」「自賠責保険料が値上げと値下げを繰り返しているのはなぜ?」「自動ブレーキは、カメラ主体とミリ波レーバー主体のどっちがいい?」「LEDライトの車が増えたのはなぜ?」などについてお話ししますね。
NO IMAGE 車の豆知識

寒冷地仕様の車は、雪が降らないところでも買える?面白い豆知識3

車に乗っていると、いろいろなことを疑問に感じますよね。そこで「車の面白い豆知識」として、『エンジンをダウンサイジングしても、安くならないのはなぜ?』『トヨタのHVには他社は勝てないの?』『電子制御式サイドブレーキってメリットがあるの?』『寒冷地仕様の車は寒冷地以外の地区の人が買っても得?』などについてお話ししますね。
NO IMAGE 車ニュース

愛車が快適になるカー用品2017春。後付けタイプは融通がきいて便利

カー用品は、愛車を便利に快適にしてくれます。毎年、いろいろなカー用品が登場しますね。そこで、「注目の最新カー用品2017春」として、『愛車が快適になるカー用品2017春。後付けタイプは融通がきいて便利』を紹介しますね。便利なカー用品がたくさんありますよ。
NO IMAGE 車の豆知識

車に関する「間違った常識」。DOHCはSOHCより優れている?

「常識」は時代とともに変わり、車の世界の「常識」も時代とともに移り変わっていきます。そこで『昔から常識じゃないのに常識のように扱われていたもの』として、『DOHCは優れたメカニズム?』『ストラットよりダブルウィッシュボーンの方が優れている?』『ドラムブレーキはディスクブレーキより効きが悪い?』についてお話ししますね。
NO IMAGE 車の豆知識

車に関する昔は「常識」だったが、今は「非常識」となったこと

時代とともに「常識」は変わっていきます。ちょっと前まで常識だったことが、数年後には非常識になってしまうことありますよね。もちろん車の世界の「常識」も、時代とともに移り変わっていきます。そこで『車に関する昔は「常識」だったが、今は「非常識」となったこと』についてお話ししますね。
NO IMAGE 和歌山県

必見!紀の川市の車買取や下取りで、最も高い査定額で売る方法

和歌山県紀の川市の車買取や下取りで、最も高い査定額で売るには、いくつかポイントがあります。このポイントを押さえることで、普通に下取りに出すよりも数十万円以上も高く売ることができる可能性があるんです。和歌山県紀の川市には、多くの車販売店やディーラー、中古車買取店がありますが、最も高く売却してくださいね。
NO IMAGE 車の豆知識

車のパンク修理剤の使い方。使用不可のケースも多いので注意

タイヤの性能を100%得るためには定期的なタイヤメンテナンスが大切です。昔は車にスペアタイヤが積まれていて、パンクしたときはスペアタイヤに交換しました。近年は、スペアタイヤの代わりにパンク修理剤を搭載することが多くなりました。そこで、『車のパンク修理剤の使い方。使用不可のケースも多いので注意』についてお話ししますね。
NO IMAGE 車の豆知識

車のタイヤ交換の方法と製造年週の見分け方。もしものときのために覚えておこう

タイヤは、車を支えている大切なパーツで、唯一、地面と接している部分です。しかもタイヤと地面の接地面積は約はがき1枚分とかなり小さいので、タイヤの性能を100%得るためには、定期的なタイヤメンテナンスが大切です。そこで、『車のタイヤ交換の方法と製造年週の見分け方』についてお話ししますね。
NO IMAGE トヨタニュース

車に貼るアルミテープは加工品と未加工品で効果に違いはある?素人でも分かる?

アルミテープを車の樹脂部分に貼るだけで走行安定性などが良くなる「トヨタ発!アルミテープを貼るだけでクルマが激変する技術」。そこでこれまでに、86やハスラー、GT-Rに貼った効果についてお話ししました。今回は『アルミテープは加工品と未加工品で効果に違いはある?』、『普通の人でも効果は分かる?』についてお話ししますね。
NO IMAGE トヨタニュース

トヨタ発!車にアルミテープを張るだけで落ち着きが出る!?効果は?

走行中の空気抵抗は、クルマの燃費や走行フィーリングなどに大きく関係しています。そのようななか、トヨタ自動車が、アルミテープを貼るだけで空気の流れをコントロールして、車を激変させる技術を発見したんです。そこで、カー雑誌が、実際にトヨタが行った発表会で、このアルミテープの効果を体験してきましたので結果を紹介しますね。
NO IMAGE 車ニュース

車は軽量化しているのにホイールが大径化する理由は?従来のETCで、ETC2.0は利用できない?

車好きな人は、車に関するいろいろなことに興味を示し、普通の人なら気にしないようなことでも、「なぜ?」という疑問を持ちます。そこで、車に対する疑問として、『車両本体は軽量化しているのに、タイヤやホイールが大きくなるのはなぜ?』『従来のETCで、ETC2.0のサービスを受けることはできないの?』についてお話ししますね。